劇団神戸公式ホームページ

Read Article

皆さま

2022年が明けました。
心から「おめでとう」とは思えない昨今です。
さて、劇団神戸2020年企画「道草」の動画配信に続いて春3月
「コロナvs夢企画リーディングシアター浅田次郎を読む+1」を公演致します。
夢企画とは、団員ひとりひとりが、自己の能力は一切顧みず「これが演りたい!」という夢の作品、役柄を持ち寄りその作品の公演を実現しようとしたものです。
お客様には大変ご迷惑な話です。
が、コロナに心で勝つためには、これが一番だと思い至ったのです。
シアターエートーは小さな劇場ながら三宮駅からすぐの便利なところです。
どうぞ、しばらくぶりの公演に足をお運び下さいませ。

劇団代表 小倉啓子

劇団神戸3月公演のお知らせ

劇団神戸リーディングシアター「浅田次郎を読む+1」

神戸市芸術文化活動助成対象事業
企画協力:文藝春秋社、新潮社

人間の哀歓を巧みな筆致で描く心の物語の名手浅田次郎氏の短編の中から劇団員が選んだ3篇と落語1話をお聞きください。

公演演目:
文春文庫刊「供物」(月島慕情から)「ピエタ」(月のしずくから)
新潮文庫刊「琥珀」(夕映え天使から)
落語「代書」

公演日時:2022年3月19日(土)13時、17時
     3月20日(日)13時

公演場所:神戸三宮シアターエートー
入場料 :一般2000円 学生1500円
     ご希望の方は下記方法にてご予約お願い致します。
予約方法:劇団HP、電話、FAXにて承ります。

演出:小倉啓子・宮本圭子

出演:小倉啓子、山本克己、小山あらん、仲野恵子、元木康文、笠原孝子、尻無濱洋一、西村和徳、板倉虎一、河野由紀

痛みを笑いに変えて明日への活力につなげるのが、演劇の良さだ。
ニール・サイモン
Return Top