劇団神戸公式ホームページ

Read Article

劇団神戸とは?

IMG_winzer-natsume1970年創立、40年の時を経ました。
代表は小倉啓子。
現在の団員約15 名、朗読教室、ドラマスクールのメンバーを含めると、30名を超えます。
40年前には、まだ産まれていなかった若い世代が半数を超え、熟年から青年まで幅広い人生を持つ青年劇団です。

目的と目標

地域からの文化発信。東京一極集中に対して地方の底力を見せつけようという訳です。
メジャーに対するマイナーの意地といったものでしょうか。

レパートリー

人生の喜劇というべきものを幅広く採りあげています。
シェイクスピア、モリエールの古典作品から日本の現代作家に至るまで、それも喜劇を中心にしています。

『個人にとっては悲劇でも、他人にとっては喜劇としか見えない・・・』
そんな人間の営みの愛しさ、もうちょっと言うなら愚かしさなどが テーマです。
マイナー劇団の通弊、作り手だけが酔っていて、観る客は腰が引けているなんてことのないようにしようと思っています。

代表作は、田辺聖子の「私本、源氏物語」から起こした「源氏・マイラヴ」、チェーホフ「桜の園」、シェイクスピア「マクベス」、モリエール「守 銭奴」、レイ・クーニー「パパ I Love You」などがあります。

受賞歴

•1980年 第8回神戸市民文化賞受賞
•1981年 月間「神戸っ子」ブルーメール賞受賞
•1994年 神戸市芸術文化奨励賞受賞(小倉啓子)
•2002年 神戸市文化賞受賞(夏目俊二)

Return Top